HOME > 新着ニュース > 地域行事・イベント情報 > 大善寺玉垂宮の「鬼夜」

新着ニュース


鬼夜は1600年余の伝統を持つ火祭りで、日本三大火祭りのひとつに数えられています。
久留米市史によれば、筑紫国の豪族葦連は、国を奪おうと暴れていた肥前国の桜桃沈輪を退治するために朝廷に願い出ました。朝廷が送った藤大臣は水中に逃れた沈輪を捜すために松明で闇を昼間のように照らしてその首を討ち取ったとされ、鬼夜はこの故事に由来します。「鬼夜」は、大晦日の夜から正月7日まで行われる鬼会神事の最終日に行われる祭りで、天下泰平、五穀豊穣、家内安全などを祈願するものです。
「鬼夜」は、国の指定重要無形民俗文化財に指定されています。7日の21時30分頃大松明に点火されると、6本の大松明は冬の夜空に炎を上げて燃え盛ります。大松明は直径1m、長さ13m、重さ1.2トンのもので、大善寺町の住民が毎年1月4日の午前中に作りあげています。夜の行事を飾る大松明廻しは、6本の大松明が裸の若者たちによって支えられ、火の粉を散らしながら本殿の周りを勇壮に廻ります。この間、鬼役は姿を隠したまま、シャグマの小供たちに囲まれて鬼堂の周囲を七回半回り、社前の霰川で禊をして神殿に帰るという珍しい行事で、我が国の鬼の民俗を考える上で極めて示唆に富む行事といわれています。
●主な鬼会行事
元旦・・・鳴弦お祓い・開運福引く他
4日・・・大松明つくり
7日・・・13時~16時 鬼面尊神渡御
     19時頃~裸のタイマワシ境内参集
     20時頃~汐井口開け
     21時頃~大松明に点火・鉾面神事
     23時20分頃~大松明消え祭り行事終了

日時:2012年01月07日

開催地:大善寺玉垂宮 (久留米市大善寺町宮本1463-1)

時間:1月7日13:00~23:30(大松明点火は21:00頃)

料金:無料

有料の桟敷スタンド(2,000円)有り・250席(全席自由)
発売は12月1日より・予定数がなくなり次第終了です。
お申し込み・お問い合わせは、大善寺玉垂宮社務所 
Tel:0942-27-1887 Fax:0942-26-2612

駐車場:有(300台)

アクセス:西鉄大善寺駅より徒歩5分/九州自動車道 広川ICより車15分

お問い合わせ:玉垂宮社務所 Tel:0942-27-1887