HOME > 番組審議会 > 第111回 放送番組審議会

番組審議会


第111回 放送番組審議会

◆開催日
  平成30年1月30日(火)午後6時30分

◆開催場所
  ドリームスエフエム放送株式会社 本社

◆出席者
  委   員 : 神本秀爾 白谷由紀子 (レポート)中西昌人   
  放送事業者 : 秋穂真由美 内藤圭祐  

◆議 題
  番 組 「ハピネスワールド」シンガーソングライター比留間光悦の音楽工房について
            
◆議事の概要
  放送事業者が対象となる番組をCDに収録したものを事前に委員に聴いて頂き、審議会の席上、各人が感想を述べ意見交換を行うもの。

<委員より寄せられた感想> 
① 地元アーティストの比留間さんが自作の歌詞を朗読し、由来を紹介、そして曲が流れる構成。今回は子育て、母子の愛情がテーマの曲でしたが、比留間さんの話し方や声が優しくて、ほのぼのとした昼下がりにぴったりだと感じた。こうした地元のアーティスト、あるいは地元の弁護士や医療、保育など様々な関係者がパーソナリティを務めるコーナーは、地元の人や地域の魅力の厚みを伝える意味でも、ドリームスFMの個性を引き立たせる意味でも大切だなと思う。リスナーも身近な話題が多くて聴いていて面白いと思う。ただ放送時間が平日木曜の14時台というのが気になった。中学・高校生には聴けない時間帯で、比留間さんはミュージシャンなので夕方の放送もありかなと感じた。
② オリジナルソングが生まれた背景や音楽を通した出逢いや活動をテーマにしたという番組コンセプトはわかりやすかったが、全体としてパーソナリティが自分の活動について1人語りをする構成のため聴いていて単調に感じてしまった。誰向けにどういうことを伝えようとしているのかということに関してはもう少し工夫があってよかったのでは。
③ 今回の番組には違和感があった。母乳育児を推進する会のテーマソングだったが、この番組が母乳育児を推進していると捉えられてもおかしくない。おっぱいだけが親と子の絆ではないと思う。歌詞のフレーズにも気になるところがあったが、希望していても母乳が出ない女性や希望していても妊娠できない女性、母親がいない子供が聴いたとき決していい気持ちにはならないだろうと思った。公共のラジオで伝えるには偏りがあったのではと思う。比留間さんや番組を否定しているわけではないが内容としていいとは思わなかった。言葉の組み合わせで作った歌詞の内容もよくわからなかった。