HOME > 番組審議会 > 第108回 放送番組審議会

番組審議会


第108回 放送番組審議会

◆開催日
  平成29年7月25日(火)午後6時30分

◆開催場所
  ドリームスエフエム放送株式会社 本社

◆出席者
  委   員 : 神本 秀爾 中西 昌人 白谷由紀子    
  放送事業者 : 秋穂真由美 内藤圭祐  

◆議 題
  番 組 「ハピネスワールド」城南中学校 職場体験学習について
            
◆議事の概要
  放送事業者が対象となる番組をCDに収録したものを事前に委員に聴いて頂き、審議会の席上、各人が感想を述べ意見交換を行うもの。

<委員より寄せられた感想> 
①最初は緊張していながらも、パーソナリティの巧みな話しかけで緊張がほぐれてきて、自分の生活、学校、目標をはきはきとした言葉で自らエピソードを交えながら話し非常にリスナーも自分の学生時代を思い出して心温まる放送になったのでは。二人にとっても一生の思い出になったのではと感じた。
②中学生の職場体験学習で生放送のDJ体験をするのは企画的には良いと思う。聴いている側としては何が飛び出すかわからないドキドキ感やハラハラ感があって中学生の初々しさが伝わってきた。ただ、不特定多数の人が聴いているという公の番組なので不確かな情報はこちら側でサポートした方がいい。また、安全面の配慮からも居住区などの話題にはあまり触れない方が望ましい。リスナーからの質問についても答えにくいものがあるだろうし、番組紹介や曲紹介など無理のないものは体験としてやらせていいとは思う。
③中学生がいきなり番組出演するということで、ハラハラ感と素人感がある意味面白いとも思ったが、一方で大丈夫かなとも思った。生徒たちが職場体験に来ていることは番組冒頭でも紹介しているが、職場体験のシステム自体知らない方も聴いている可能性があるので、他の生徒たちどういうところに行っているかなど紹介した上で、その一環で彼らがラジオ局に来ていて、彼らは何を目標にしていて、何を得られるのかなど、生徒自体の話を最初に詳しく話した方がわかりやすかったと思う。
地元校区ネタなどは同じ出身校としては心をつかまれるものがあった。生徒たちに選曲をさせたのはよかった。1人の生徒がピアノを習っていることからピアノ曲を選ぶあたり、放送局でしないようなことが中学生ならではだと思う。学生が出演することはとてもいいことだと思うので、あとは出す情報についてはしっかりサポートするといい。彼らがどのような世界で生きているのかがわかって面白かった。
④なぜ今回の職場体験でこの職場を選んだのかなど、動機はぜひ聴きたい。彼らにしかそのときしゃべれないことが聴けるといい。彼らが思う今年一番のニュースなど。